不妊鍼灸は大阪のこたろうのはりきゅうまで
HOME>院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ
より良い生活を送るお手伝いをさせて頂きます。
院長
私が、院長の 本田 小太郎 です。

鍼灸の資格習得後に、鍼灸院で助手を務めながら整形外科に通勤。
資格習得3年後に、現在の鍼灸院を開業しました。
私が、この業界に入るきっかけは、
よく聞く他の人の話だと 「 鍼を受けてよくなったから 」 と 聞きますが、
私の場合は学校に関わるまでは、鍼には無縁でしたが、
小さい頃から母に「肩が凝るからほぐして」と言われ、ほぐしてきたことと
人に関わりなにかの役に立てるよう考えており、進路としては、
社会福祉、 理学療法、 鍼灸、を希望していました。

正直なところその当初は 「 何が何でも鍼灸をしたい 」と、考えていた訳
じゃないんです。 推薦入試が終わって合格したのが、鍼灸学校だったと
いうだけなんです。 鍼灸学校に進学してからは本当に私は鍼灸をしていって大丈夫なのかな?
という不安は常に持っていました。なぜかというと、鍼は痛いし症状も緩和しにくい・・・というイメージが、
日に日に大きくなっていったからです。私が鍼灸学校に通うまでは、腰痛などはありませんでしたが 
幸いにも(災い?) 腰が痛くなったので、 鍼灸治療を受けましたが、鍼は心地よいどころか痛いだけで 
一時的に症状は楽になるものの、 夕方には動けなくなるようなことが続きました。
そのことをその先生に相談すると 「 それが効いているんだ 」 など、というのですが、
私には、納得がいきませんでした。
腰が痛くてつらいのに 「痛い鍼」 を受けて 「後で悪化する」 のが鍼灸ならば、受けたくない。
私は、自分を基本に置いてしまうので 「自分が嫌なものは他の人も嫌だろう」 と 考えました。

しかし、学生二年目に 「 痛くなく、心地よい鍼の施術 」 に 出会いました。
その施術方法が今現在、当院でしている施術です。この鍼の施術方法に出会ったその年に
祖母が 体調崩し、精神的な面の影響もあって、日に日に弱っていきました。
しかし、病院などで治療を受けても 一向によくならず困っていたところを、
私の師匠の先生に施術して頂き、症状が緩和してきました。
自分の周りで、しかも身内が苦しんでいるのに、何も出来なかった自分がとても無力に感じました。
自身が施術する側の立場でなかったのなら、そこまで感じなかったかも知れませんが、
私にとっては 「 技術が足らないために助けてあげられない。」 ことが、とてもつらかったです。

そのため、今後はこのようなことがないように、それまで以上に施術の勉強をしました。
周りでは 「 学生なんだから、まだいいじゃないか。」 などという意見もありましたが、
このまま資格を取っても 「患者さんに何もしてあげられない鍼灸師」 になるだけだと考えていたからです。 現在も、少しでも多くの方により症状から開放できるよう、日々勉強しています。

症状が辛くなってくると「 一生このままなのかな?」とか、
「 これから段々と悪くなってしまうのでは?」 と言った不安を、人は持ってしまいます。

しかし、症状が緩和していくと、不安を持って過ごしていた日々すら、忘れることが出来ます。
「 どうせ治らない」と思うのではなく 「 どうして悪くなってしまったのだろう?」
「 どうすれば良くなるのかな?」と、積極的に取り組んで頂ければ、症状に負けることはありません。
「 病は気から 」と、言いますが、本当に気が参っていると緩和しないです。

それどころか、逆に悪化することもあり得ます。
より良い生活を送るお手伝いを 「こたろうのはりきゅう」 は、させて頂きます。
困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。
院長 本田小太郎
サイトを立ち上げの動機
サイト立ち上げの動機
数年前にアトピー性皮膚炎で悩んでいた一家が、
心中自殺を 図った事件がありました。
自分がその方に治療する機会があったら 多少なりとも
結果は違ったのではないか。 同じように苦しんでいる人が
いるのではないか?と思うと、 現在の鍼灸の治療効果に対する
知名度が低いことは、非常に残念です。
不妊症も同じです。 高いお金をかけても 子供が授からずに
どうしたらいいか悩んでいる方があふれています。 不妊治療を
うたっているクリニックの混雑状況は、すごいものがあります。

しかし、どの程度の人たちがその治療に満足して、
そして 効果が上がっているんでしょうか?
通院している方たちは、どうしたらいいのかさえわかりません。
そんな方々に少しでも自分の体のことを知ってもらいたい、
自分の生活を見直してもらいたい、治療する術があることを知ってもらいたい
このことが、サイトを立ち上げた一番の動機です。

アトピーは、私自身も経験があります。 痒みは、非常につらい症状です。
また、同じように苦しんでいるたくさんのアトピーの患者さんを見てきました。
体外受精を何度も行っては、嘆いている患者さんもたくさん目にしてきました。
少しでもこのHPが、当院の治療がみなさんのお役に立てることができたら幸いです。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。